読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハビリmemo

大学病院勤務、大学院リハビリテーション学所属の理学療法士による、研究と臨床をつなげるための記録

遊脚期の足関節背屈を増強させる新しいトレーニング

スポンサーリンク

 

reference)

Walking while resisting a perturbation: Effects on ankle dorsiflexor activation during swing and potential for rehabilitation.

Gait & Posture, 2011

歩行時遊脚期の足関節背屈を誘発する新しい方法についての報告。

対象は、健常者12名。

歩行の遊脚期(initial swing〜mid swing)に底屈トルクが生じる短下肢装具(Electrohydraulic ankle-foot orthosis: EHO)を装着し、5分間、底屈トルクに抗するようにして歩行トレーニングを行った。

歩行トレーニングの前・中・後において下記の歩行パラメーターを測定した。

①歩行時の足関節、膝関節の可動域

②前脛骨筋、腓腹筋、ヒラメ筋、外側広筋、半腱様筋の筋活動(EMG)

その結果、トレーニング前に比べ、トレーニング中では、遊脚期の足関節背屈角度が最大7度増加し、前脛骨筋の筋活動が78%増加した。さらに、この効果は、トレーニング後、EHOを外した後も持続された。

とのこと。

f:id:takumasa39:20120421231931p:plain

 とても斬新なアイデアだと思う。単一的な背屈筋力のトレーニングだけでなく、このような課題特異的なアプローチは、運動学習において重要。臨床研究の報告が待ち遠しい。

 この報告を読んでると、空港や駅にある動く歩道を歩いた後に、通常の歩道を歩くときの違和感を思い出す。ヒトはそれほど短期間で、環境に合わせて筋活動パターンを最適化させる能力をもっている。

 

 

脳卒中リハビリシリーズ

脳卒中リハビリ①:バランス感覚には、足底感覚へのアプローチ! 

脳卒中リハビリ②:自転車トレーニングでは、速度一定でお願いします。

脳卒中リハビリ③:脳卒中早期からFES自転車運動で体幹機能を高めよう!

脳卒中リハビリ④:FES自転車運動は姿勢制御に効果的

脳卒中リハビリ⑤:自転車トレーニングは、ただ漕いでるだけじゃダメ。

脳卒中リハビリ⑥:自転車で突っ張る筋肉をほぐせるかも。

脳卒中リハビリ⑦:歩行スピードを高めたいなら、足関節背屈筋力を高めよう。

脳卒中リハビリ⑧:歩行距離をのばすには、やっぱり足関節背屈筋力?

脳卒中リハビリ⑨:上手に歩くためには、エンジンとブレーキ、どっちが大事?

脳卒中リハビリ⑩:歩行立脚期の機能改善には、この装具で。

脳卒中リハビリ⑪:遊脚期の足関節背屈を増強させる新しいトレーニング

脳卒中リハビリ⑫:視覚的フィードバックで知らないうちに歩行が変わる?

脳卒中リハビリ⑬:フィードバック療法で麻痺側の足を使えるようにしよう。

脳卒中リハビリ⑭:非麻痺側下肢も見逃すな。

脳卒中リハビリ⑮:ただ自転車を漕ぐだけではダメな根拠

脳卒中リハビリ⑯:片麻痺にもインソールは有効。

脳卒中リハビリ⑰:中殿筋への機能的電気刺激療法は、歩行の対称性を改善させます

脳卒中リハビリ⑱:効果的な立ち上がり練習の方法

脳卒中リハビリ⑲:立ち上がり動作と荷重感覚

脳卒中リハビリ⑳:筋力トレーニングだけでは効果なし

 

「説明がわからない」「これが知りたい」などのご意見はTwitterまでご気軽にご連絡ください。