読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハビリmemo

大学病院勤務、大学院リハビリテーション学所属の理学療法士による、研究と臨床をつなげるための記録

知覚探索の重要性

スポンサーリンク

reference)

Effects of plantar perception training on standing posture balance in the old old and the very old living in nursing facilities: a randomized controlled trial.

Clinical Rehabilitation, 2011

後期高齢者の立位姿勢制御に対する知覚探索トレーニング効果についての報告(実験的研究;ランダム化比較試験)。

対象は、75歳以上の高齢者40名。ランダムに介入群21名、コントロール群19名に分けた。

介入群・コントロール群ともに、固さの異なるスポンジ(フォームラバー)上で立位バランス課題を行い、介入群のみスポンジの固さを知覚し、答えるという知覚探索トレーニングを付加された。両群ともにこのトレーニングを10日間連続で行った。

下記の2つのアウトカムをトレーニング前後で測定した。

①重心動揺(開眼・閉眼)

②ファンクショナルリーチテスト

その結果、介入群は、コントロール群と比し、重心動揺の減少、リーチ距離の増大が有意に認められた。

介入群、コントロール群ともに、スポンジ上での立位トレーニングを受けたが、介入群で有意にバランス能力が改善した。これは、スポンジの固さを自発的に探索する知覚探索「active touch」の重要性を示している。また、このような知覚探索トレーニングは、後期高齢者に対しても有効であることが示唆された。

とのこと。

f:id:takumasa39:20120505230013j:plain

森岡先生は、知覚探索トレーニングの有効性を脳卒中20代、60代(前回ブログ)で報告されている。今回の報告で、知覚探索トレーニングが広く臨床に応用できることを示しただろう。また、従来のトレーニングに知覚探索というキーワードを投げかけており、運動と知覚という脳機能を考えたトレーニングを思考するきっかけを与えてくれていると思う。

 

twitterアカウント: @takumasa39