リハビリmemo

大学病院勤務・大学院リハビリテーション学所属の理学療法士・トレーナーによる「研究と臨床をつなげるための記録」

中殿筋への機能的電気刺激療法は、歩行の対称性を改善させます

スポンサーリンク

 

reference)

Functional electrical stimulation applied to gluteus medius and tibialis anterior corresponding gait cycle for stroke.

Gait & Posture, 2012

片麻痺歩行に対する機能的電気刺激(FES)は前脛骨筋や大腿四頭筋に使用されている。今回、紹介する報告は、中殿筋に応用したものである(実験的研究;前後比較試験)。

対象は、慢性期脳卒中患者36名。

FESを麻痺側の中殿筋(GM)と前脛骨筋(TA)に用い、歩行パラメーターを測定した。

被験者は、快適歩行速度で下記の3条件のFESを施行した。

①FESを立脚期にGM、遊脚期にTAへ施行(GM+TA)

②FESを遊脚期にTAへ施行(TA only)

③FESを施行しない(Non-FES)

歩行パラメターは、歩行速度、ケイデンス、歩幅、二重支持期間、歩行対称性とした。

その結果、GM+TAは②、③に比べて、歩行速度、ケイデンス、歩幅、二重支持期間、歩行対称性において有意に改善した。TA onlyにおいても③に比べ、歩行速度、ケイデンス有意な改善が見られが、二重支持期間、歩行対称性は改善しなかった。

このことから、FESのGMへの施行は歩行対称性の改善に寄与することが示唆された。

とのこと。

f:id:takumasa39:20120510214021j:plain

本報告は、即時的なGMへのFES効果を歩行対称性の視点で示してる。斬新で面白いアイデアであるが、非対称性歩行は、interlimb coordinationの結果であり、習慣化された麻痺側下肢の不使用がGMの筋収縮の促しのみで即時的に改善するとは考えにくい。GMへのFESを行いながら、以前、ブログで紹介したフィードバック療法のような感覚入力を付加することでinterlimb coordinationの改善を図るのはどうだろうか?

 

 

脳卒中リハビリシリーズ

脳卒中リハビリ①:バランス感覚には、足底感覚へのアプローチ! 

脳卒中リハビリ②:自転車トレーニングでは、速度一定でお願いします。

脳卒中リハビリ③:脳卒中早期からFES自転車運動で体幹機能を高めよう!

脳卒中リハビリ④:FES自転車運動は姿勢制御に効果的

脳卒中リハビリ⑤:自転車トレーニングは、ただ漕いでるだけじゃダメ。

脳卒中リハビリ⑥:自転車で突っ張る筋肉をほぐせるかも。

脳卒中リハビリ⑦:歩行スピードを高めたいなら、足関節背屈筋力を高めよう。

脳卒中リハビリ⑧:歩行距離をのばすには、やっぱり足関節背屈筋力?

脳卒中リハビリ⑨:上手に歩くためには、エンジンとブレーキ、どっちが大事?

脳卒中リハビリ⑩:歩行立脚期の機能改善には、この装具で。

脳卒中リハビリ⑪:遊脚期の足関節背屈を増強させる新しいトレーニング

脳卒中リハビリ⑫:視覚的フィードバックで知らないうちに歩行が変わる?

脳卒中リハビリ⑬:フィードバック療法で麻痺側の足を使えるようにしよう。

脳卒中リハビリ⑭:非麻痺側下肢も見逃すな。

脳卒中リハビリ⑮:ただ自転車を漕ぐだけではダメな根拠

脳卒中リハビリ⑯:片麻痺にもインソールは有効。

脳卒中リハビリ⑰:中殿筋への機能的電気刺激療法は、歩行の対称性を改善させます

脳卒中リハビリ⑱:効果的な立ち上がり練習の方法

脳卒中リハビリ⑲:立ち上がり動作と荷重感覚

脳卒中リハビリ⑳:筋力トレーニングだけでは効果なし

 

「説明がわからない」「これが知りたい」などのご意見はTwitterまでご気軽にご連絡ください。