リハビリmemo

大学病院勤務・大学院リハビリテーション学所属の理学療法士・トレーナーによる「研究と臨床をつなげるための記録」

人工股関節術後に残りやすい立ち上がり動作のポイント

スポンサーリンク

人工股関節術後(THA術後)における術前の体の使い方が歩行(過去ブログ)、階段昇降(過去ブログ)、立ち上がり動作などの荷重動作で残存することが数多く報告されている。

近年、日本で行われた調査では、THA術後、数年経過した後に非術側の膝関節症を併発する割合が3割を超えると言われている(Umeda N, 2009)。

これは、術前の体の使い方、つまり非術側優位な非対称性の荷重動作が起因しているとされ、対称性の改善が他関節の長期的予後の向上に寄与すると考えられている。

高齢者の立ち上がり回数は、1日約65回と報告されている(Egerton T, 2009)。

1日65回、1年で約2万回、10年で20万回の立ち上がり動作を非対称性の動作で繰り返すことにより、非術側の膝の負担が増えることは想像に容易い。

今回の報告は、THA術後の立ち上がり動作において、術前の残りやすい体の使い方について運動学的、動力学的に分析したものである。

reference)

Lower-limb joint mechanics after total hip arthroplasty during sitting and standing tasks.

Journal of Orthopaedic Research, 2012

対象は、人工股関節術後の患者20名(術後6-15ヶ月)、健常者20名。

3次元動作解析装置、床反力計を用いて、立ち上がり・着座動作の分析を実施。

測定項目は、術側下肢、非術側下肢、健常下肢の股関節、膝関節、足関節の可動域、関節モーメント、パワーとした。

その結果、

①THA術後患者と健常者に立ち上がり動作、着座動作の時間に有意差は認められなかった。

②股関節モーメント

・立ち上がり動作:離殿後の伸展モーメントは、術側のみ低下

・着座動作:着殿前の伸展モーメントは、術側のみ低下

f:id:takumasa39:20120610202724p:plain

③股関節可動域

・立ち上がり動作:離殿前の屈曲可動域は、術側、非術側ともに健常下肢と比べ低下

・着座動作:着坐時の屈曲可動域は、術前、非術前ともに健常下肢と比べ低下

f:id:takumasa39:20120610211052p:plain

④股関節パワー

・立ち上がり動作:離殿後の股関節パワーは、術側、非術側で低下し、術側は非術側に比べ低下

・着座動作:着座前の股関節パワーは、術側、非術側で低下し、術側は非術側に比べ低下

f:id:takumasa39:20120610211435p:plain

⑤立ち上がり、着座時に股関節内旋可動域の増大が術側に認められた。その他の有意差は認められなかった。

とのこと。

 

結果をまとめる。

立ち上がり、着座ともに共通して認められたのは、

・健常と比べ、術側・非術側ともに股関節の屈曲可動域が減少していること

術側の股関節伸展モーメント、股関節パワーが低下していること

である。

股関節屈曲90度以上で股関節内圧が上昇することが報告されている(田中, 1987)。関節内圧の上昇は、疼痛を誘発するため、術前の立ち上がり動作の離殿前、着座動作の着殿時の屈曲を制限する戦略が選択され、術後も残存していると推測される。

また、術側の股関節伸展モーメント、股関節パワーの低下は、荷重動作時の非対称性を示しており、非術側への負担の増加を示している。しかしながら、非術側の膝伸展モーメントは健常と比べて増加は見られず、伸展筋の過剰収縮が生じているのではない。これについて著者は、膝伸筋と屈筋の同時収縮で負担の増加に対応していると推測し、結果的に非術側の膝に生じる負荷を強めると述べている。これに関しては、今後の筋電図学的研究の報告を待ちたい。

立ち上がり・着座時の股関節屈曲角度、術側の股関節の伸展筋力を如何に対称性の動作のなかで適応させることができるか、良き着眼点を与えてくれる報告である。

 

 

股関節リハビリシリーズ

股関節リハビリ①:歩行時の振り出しで上手に腸腰筋をつかうためのヒント

股関節リハビリ②:力学的負荷から見た股関節運動の注意点

股関節リハビリ③:歩行時の股関節伸展角度が出にくい理由

股関節リハビリ④:股関節症術後に見られる階段昇降の足の使い方

股関節リハビリ⑤:手術か保存療法か

股関節リハビリ⑥:手術か保存療法か(その2) 

股関節リハビリ⑦:人工股関節術後に残りやすい歩き方のポイント

股関節リハビリ⑧:人工股関節術後に残りやすい立ち上がり動作のポイント

股関節リハビリ⑨:自分で簡単に変形性股関節症の程度を確認できる方法

股関節リハビリ⑩:歩容から見る変形性股関節症の重症度

股関節リハビリ⑪:変形性股関節症の簡単な脊椎疾患との鑑別法

股関節リハビリ⑫:変形性股関節症の遺伝子研究の進展

股関節リハビリ⑬:最新手術「筋肉温存型人工股関節置換術」まとめ

股関節リハビリ⑭:歩きに適した外転筋トレーニングの方法

股関節リハビリ⑮:見落としがちな歩き方のポイント

股関節リハビリ⑯:見落としがちな歩き方のポイント(その2)

股関節リハビリ⑰:変形性股関節症の保存療法と関節軟骨

股関節リハビリ⑱:変形性股関節症とランニング(まとめ)

股関節リハビリ⑲:人工股関節置換術とスポーツ

 

「説明がわからない」「これが知りたい」などのご意見はTwitterまでご気軽にご連絡ください。