読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハビリmemo

大学病院勤務・大学院リハビリテーション学所属の理学療法士による「研究と臨床をつなげるための記録」

転倒予防のリスクマネージメント② 効率的に転倒リスクをスクリーニングしよう!

スポンサーリンク

 

 前回は、JAMAに掲載されたTinnetiらの報告をもとに転倒のリスク因子とその影響度について考察しました。その結果、転倒歴を筆頭にバランス能力、筋力低下、視力低下、薬剤の使用などの因子が転倒への高い影響度をもつことがわかりました。

転倒のリスク因子を知ろう!

 しかし、これらのリスク因子を細かに評価することは実用的ではありません。実際に転倒リスクを評価する場面は、転倒予防教室や訪問リハビリなどのごく限られた時間です。そこで必要なのは、短時間で効率的に転倒リスクを評価することです。いくら転倒のリスク因子を数多く知っていても、実際にスクリーニングを行い、リスク度合いを判定出来なければ効果的な介入には至りません。今回は、効率的にスクリーニングする方法(アルゴリズム)について、米国老年医学会から発表されたスクリーニングのアルゴリズムをご紹介しましょう。

f:id:takumasa39:20150927223651j:plain

by Nature 524

 米国老年医学会(American Geriatrics Society:AGS)は2001年、欧州老年医学会、米国整形外科学会と共同で転倒予防ガイドラインを発表しました。そして、2010年に新たな転倒予防ガイドラインを発表しています。今回のガイドラインでは、2001年から2008年までに研究報告された知見を加え、転倒リスク・スクリーニングのアルゴリズムもブラッシュアップしています。

f:id:takumasa39:20150927223842p:plain

✻American Geriatrics Society and British Geriatrics Society, 2010

 

 翻訳してみました。

f:id:takumasa39:20150927223946p:plain

American Geriatrics Society and British Geriatrics Society, 2010より引用改変

 

 スクリーニングで最初に来るのは、やはり、転倒歴になりますね。過去に2回以上の転倒や最近の転倒、歩行などのでふらつきを自覚している場合は、ハイリスクとして、詳細な転倒リスクの評価に移ります。

 1年間に1度の転倒では、歩行・バランスのスクリーニングを行います。推奨されている評価方法は、Get up and go test、Time up and go test(TUG)、Berg balance scale(BBS)、Performance-Oriented Mobility Assessment(POMA)の4つです。Get up and go testはTUGと同じ検査方法ですが、TUGが速度を計測するのに対して、動作の不安定性を検査します。ですので、TUGでも動作の不安定性を評価するのであれば、実質的にはTUG、BBS、POMAの3つの評価方法のいずれか、または複数でスクリーニングすることになります。そこで不安定性が認められた場合は、詳細な転倒リスクの評価へ移行します。

 このように、AGSのアルゴリズムでは、まず転倒歴を聴取し、その内容に応じて歩行・バランス評価の順番でスクリーニングするのが特徴となっています。

 また、転倒歴がなく、歩行・バランス能力に問題がなくても、AGSでは少なくとも1年に1度は転倒リスクのスクリーニングを行うことを推奨しています。 転倒リスクの早期発見には、転倒歴の聴取、歩行・バランス検査をルーチンワークとして行うべきですね。

 

 アルゴリズムの利点は、リスク因子の影響度に応じて、まず、何を優先的に評価するかが明確になることです。それによって、短時間で効率的に転倒のスクリーニングを行うことが可能であり、予防介入への移行がスムーズになるのです。

  次回は、米国疾病予防管理センター(CDC)が発表しているスクリーニングのアルゴリズムを紹介し、さらにアルゴリズムについて考察していきましょう。

 

 

転倒の科学

転倒の科学①:健康寿命から考える転倒予防

転倒の科学②:転倒予防のリスクマネージメント① 転倒のリスク因子を知ろう! 

転倒の科学③:効率的に転倒リスクをスクリーニングしよう!AGS編 

転倒の科学④:効率的に転倒リスクをスクリーニングしよう!CDC編

転倒の科学⑤:有効なバランス能力の評価とは?

転倒の科学⑥:バランス能力の評価を再考しよう

転倒の科学⑦:歩行速度で転倒リスクを予測しよう

転倒の科学⑧:変形性膝関節症の術後の痛みが転倒のリスク因子になる

転倒の科学⑨:睡眠薬のメカニズムと転倒リスクについて知っておこう

 

Reference

Panel on Prevention of Falls in Older Persons, American Geriatrics Society and British Geriatrics Society. Summary of the Updated American Geriatrics Society/British Geriatrics Society clinical practice guideline for prevention of falls in older persons. J Am Geriatr Soc. 2011 Jan;59(1):148-57.