リハビリmemo

大学病院勤務・大学院リハビリテーション学所属の理学療法士による「研究と臨床をつなげるための記録」

変形性膝関節症に良い靴選びのガイドライン

スポンサーリンク

 

 変形性膝関節症と診断されたら、どのように対処するれば良いのでしょうか?

 

 重症度にもよりますが、一般的には薬やリハビリテーションのような保存療法が勧められます。

 

 しかし、近年の変形性膝関節症のガイドラインでは自己管理(Self-management)の重要性が説かれています。その中でも、最も優先して取り組むべきこととして「変形性膝関節症に良い靴選び」が推奨されているのです(Reeves ND, 2011、Fernandes L, 2013)。

 

 変形性膝関節症を悪化させる原因は、歩くときの膝関節に生じる負荷です。私たちは、毎日、数千歩と歩くので、膝関節には数千回の負荷が繰り返し生じています。ガイドラインでは、この膝関節への負荷をなるべく減らすためには、靴選びがとても大切であると言います。

 

 これまで本ブログでは、変形性膝関節症に良い靴選びの参考になるエントリを書いてきました。内容を簡単に紹介しておきます。

 

・ハイヒールは変形性膝関節症を悪化させる

変形性膝関節症に良い靴選び

 

・裸足で歩くことが最も膝関節にかかる負担が少ない理由

変形性膝関節症に良い靴選び②

 

・膝に優しい靴選びのポイント

変形性膝関節症に良い靴選び③

 

・変形性膝関節症に良い靴の臨床効果

変形性膝関節症に良い靴選び④

 

 今回は、変形性関節症の専門雑誌Osteoarthritis Cartilageの2016年10月号に、変形性膝関節症の靴選びのガイドラインについての報告が掲載されていたので情報を共有したいと思います。

 

 変形性膝関節症の靴選びで著名な研究者であるメルボルン大学のPatersonらは、これまでの研究から変形性膝関節症に良い靴のポイントをシンプルに述べています。

 

 「靴底が薄くて柔らかく、フラットであり、軽い靴」と。

 

 そして今回の報告では、さらに具体的な靴選びのポイントを提示しています。

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

 Patersonらは、50歳以上の変形性膝関節症の患者28名を対象に、裸足と6つの靴を履いた状態で歩行の分析を行いました。

 

 靴は、運動靴、フォーマルな靴、カジュアルな靴を、フラットで柔らかいタイプと、しっかりしたタイプに分けて試しました。

f:id:takumasa39:20161024133149p:plain

Fig.1:Paterson KL, 2016より引用改変

 

 歩行時の膝関節の負荷である膝内転モーメントのピークとインパルス、膝屈曲モーメントを計測すると、まず裸足が最も膝内転モーメントが低くなりました。運動靴、フォーマルな靴、カジュアルな靴においては、どれもフラットで柔らかいタイプの靴がしっかりしたタイプの靴よりも膝内転モーメントが低下することがわかりました。

f:id:takumasa39:20161024133655p:plain

Fig.2:Paterson KL, 2016より引用改変

 

 膝屈曲モーメントには、明らかな差は認められませんでした。

 

 さらに、これらの結果をもとに、膝内転モーメントへの影響度から膝に良い靴を詳細に識別化しました。

f:id:takumasa39:20161024133749p:plain

Fig.3:Paterson KL, 2016より引用改変

 

 この分析結果から言えることは、運動靴やフォーマルな靴、カジュアルな靴など、どのような靴においても以下の基準に準じて靴選びをすることが変形性膝関節症の悪化を防ぐことになる、ということです。 

f:id:takumasa39:20161024141714p:plain

・踵の低い(踵の高さが1.5cm以内)

・靴底がフラット(踵とつま先の高低差が1.0cm以内)

・靴中の足の自由度が保たれている(アーチサポートなし)

・靴底が柔らかい(靴が折り曲げられるぐらい)

・軽い(200g以下)

 

 変形性膝関節症と診断されたら、まずユニクロやGUなどに行って、Patersonらの靴選びのガイドラインを参考に膝に優しい靴を選ぶと良いでしょう。このような靴は数千円で買うことができます。決して、某メーカーが推奨する数万円もする靴を買う必要はありません。また、セラピストも患者さんに靴選びのポイントを正確に伝えることが必要だと思います。

 

 変形性膝関節症のセルフマネージメントの第一歩は、膝に優しい靴選びからはじめましょう。

 

 

変形性膝関節症の保存療法

保存療法①:変形性膝関節症を予防する基本戦略

保存療法②:変形性膝関節症の予防① 股関節外転筋トレーニングの有効性について 

保存療法③:変形性膝関節症の予防② 膝OAで股関節外転筋力が低下する理由 

保存療法④:変形性膝関節症の予防③ 股関節外転勤トレーニングをしよう 

保存療法⑤:変形性膝関節症の予防④ 膝の屈曲拘縮を予防しよう!

保存療法⑥:変形性膝関節症に良い靴選び

保存療法⑦:変形性膝関節症に良い靴選び②

保存療法⑧:変形性膝関節症に良い靴選び③

保存療法⑨:変形性膝関節症に良い靴選び④

保存療法⑩:変形性膝関節症の予防⑤ 生体力学が教える注意すべき日常生活動作 

保存療法⑪:変形性膝関節症の予防⑥ 注意すべき日常生活動作とその理由

保存療法⑫:変形性膝関節症は体重を減らせばOK!という簡単な話ではありません

保存療法⑬:変形性膝関節症の術後の痛みが転倒リスクになる


References

Reeves ND, et al. Conservative biomechanical strategies for knee osteoarthritis. Nat Rev Rheumatol. 2011 Feb;7(2):113-22.

Fernandes L, et al. EULAR recommendations for the non-pharmacological core management of hip and knee osteoarthritis. Ann Rheum Dis. 2013 Jul;72(7):1125-35.

Paterson KL, et al. Effects of footwear on the knee adduction moment in medial knee osteoarthritis: classification criteria for flat flexible vs stable supportive shoes. Osteoarthritis Cartilage. 2016 Oct 10. pii: S1063-4584(16)30309-0.