リハビリmemo

大学病院勤務・大学院所属の理学療法士・トレーナーによる「最新の研究をトレーニングにつなげるための記録」

筋トレ後のアルコール摂取が筋力の回復を妨げる?〜最新の研究結果を知っておこう


スポンサーリンク

 

 スポーツ科学は僕たちに残酷な真実を告げています。

 

 「筋トレ後のアルコール摂取は筋肥大の効果を減少させる」

 

 筋トレによる筋肥大の効果は、筋肉のもとである筋タンパク質の合成によってもたらされます。筋タンパク質を合成する主な調整因子とされているのがmTORという酵素です。筋トレやタンパク質摂取により、mTORが活性化することによって筋タンパク質の合成が促され、筋肥大が生じます。

 

 2017年、ノース・テキサス大学デュランティらは筋トレ後のアルコール摂取によって、mTORの活性化が減弱することを明らかにしました。また、アルコールの影響は特に男性に生じやすいことも報告されています(Duplanty AA, 2017)。

f:id:takumasa39:20180301125550p:plain

Fig.1:Duplanty AA, 2017より筆者作成

 

筋トレとアルコール摂取の残酷な真実

筋トレとアルコール摂取の残酷な真実(続編)

 

 そして2018年、今度は、筋トレ後のアルコール摂取が筋力の回復に与える影響を調査した研究結果が報告されたのです。

 

 今回は、筋トレ後のアルコール摂取と筋力回復について考察していきましょう。



Table of contents



◆ オーバートレーニング後はアルコールは控えよう

 

 筋トレ後のアルコール摂取が筋力回復に与える影響について、はじめて検証したのがニュージーランド・マッシー大学のバーンズらです。

 

 バーンズらは、レクリエーションとしてトレーニングをしている被験者を集め、膝の遠心性トレーニング(ネガティブトレーニング)を行わせました。トレーニングは確実に筋力低下や筋肉痛を起こさせるために、100回を3セット(5分の休憩)行い、合計300回実施されています。

 

 トレーニング後、被験者は一般的な食事をして、30分後にオレンジジュースまたはウォッカ(体重1kgあたり1g)をオレンジジュースで割ったアルコール飲料を摂取しました。

 

 そしてトレーニングを終えてから36時間、60時間後の膝伸展の最大筋力(等尺性・求心性・遠心性)が計測されました。

 

 その結果、トレーニング後よりアルコール摂取の有無にかかわらず筋力は低下しましたが、アルコールを摂取すると36時間、60時間後の筋力の回復度が有意に低下したのです。

f:id:takumasa39:20180301125706p:plain

Fig.2:Barnes MJ, 2010より筆者作成

 

 この結果から、バーンズらは遠心性トレーニングを含む高強度トレーニングを行ったあとのアルコール摂取は少なくとも24時間以降の筋力回復を妨げる可能性があり、筋トレ後のアルコール摂取は控えるべきであると述べています(Barnes MJ, 2010)。

 

 さらに、バーンズらはアルコールの「摂取量」が筋力回復に影響を与えるのでは?と考え、低用量のアルコール摂取が筋力回復に与える影響を検証しました。

 

 2011年、ニュージーランド・マッシー大学に集められたトレーニング経験のある被験者は、前回の研究と同じように遠心性トレーニングを行った後、オレンジジュースまたは以前の半分の量であるウォッカ(体重1kgあたり0.5g)をオレンジジュースで割ったアルコール飲料を摂取しました。

 

 そしてトレーニングから36時間、60時間の最大筋力(等尺性・求心性・遠心性)が計測されました。その結果、低用量のアルコール摂取はオレンジジュースと比べて、36時間、60時間後の筋力回復に有意差がないことが示されたのです。

f:id:takumasa39:20180301125749p:plain

Fig.3:Barnes MJ, 2011より筆者作成

 

 この結果から、バーンズらはアルコール摂取による筋力回復への影響にはアルコールの「用量依存性」があることを示唆しています。アルコールを摂取する量が増えるにしたがって、筋力回復がより低下しやすくなる可能性があるのです(Barnes MJ, 2011)。

 

 バーンズらの研究では、確実に筋肉ダメージを生じさせるために300回もの遠心性トレーニングを行っています。この回数は一般的でないため、通常のトレーニングへの影響は定かではありません。また、実験で摂取されたアルコール飲料も中等度のアルコール度数であり、ビール程度の低い度数のアルコールであれば影響は少ない可能性があります。

 

 しかし、遠心性運動を含む過度なオーバートレーニングをした場合、アルコールを飲み過ぎることは筋力の回復を妨げる可能性があること、アルコールの量に依存して筋力の回復が妨げられるということには注意したほうが良さそうです。

 

 また、バーンズらの研究では、被験者がこれまでに経験したことがない過度の遠心性トレーニングが行われました。そのため、過度なトレーニングでも日頃から経験していてもアルコール摂取が筋力回復を妨げるのか?という疑問が残りました。



◆ 経験のないトレーニングをした後はアルコールを控えよう

 

 アルコール摂取が経験している過度なトレーニング後の筋力回復に与える影響について検証したのがノーステキサス大学のレビットらです。

 

 2018年1月、レビットらは、トレーニング経験のある20代の被験者を対象として、事前にスミスマシーンによるスクワットの遠心性トレーニングを経験させ、その後にトレーニングとアルコール摂取の影響を検証しました。トレーニングは、確実に筋肉ダメージを生じさせるために最大筋力の110%の重量による遠心性トレーニングを10回4セット実施しています。

 

 トレーニング後、被験者はプラセボ飲料(水)またはウォッカ(体重1kgあたり1.09g)を希釈したアルコール飲料を摂取しました。

 

 トレーニングから24時間、48時間後の筋力回復の指標は、垂直ジャンプ(パワー、力、高さ)とシャトルラン(タイム)および筋肉痛が計測されました。

 

 その結果、トレーニング後に全てのパフォーマンスが低下し、筋肉痛が生じましたが、24時間、48時間後の回復の程度は、アルコール摂取とプラセボの間に有意差がないことが示されたのです。

f:id:takumasa39:20180301125854p:plain

Fig.4:Levitt DE, 2018より筆者作成

 

 レベットらは、これら結果から、過度なトレーニングを行った場合、経験のあるトレーニングであれば、中等度のアルコールを摂取しても筋力やパフォーマンスの回復に影響がないことを示唆しています。

 

 そしてレベットらは、バーンズらの研究結果と合わせてアルコール摂取の注意点をまとめています。

 

 まず、アルコールの摂取によって筋力回復に影響が生じやすいのは「新規」のトレーニングであるとしています。経験のあるトレーニングではアルコールの影響がありませんでしたが、バーンズらが検証したように経験のないトレーニングではアルコールによる筋力回復の遅れが生じる可能性が示唆されています。

 

 また、通常のトレーニング量ではアルコールの影響は低く、過度なトレーニングによるオーバートレーニング後のアルコール摂取が筋力回復を妨げる可能性があると推察しています。

 

 「経験のない新しいトレーニング」や「オーバートレーニング」は大きな筋肉ダメージを生じる可能性が高くなります。その際の過度なアルコール摂取は筋力回復を妨げることが示唆されているのです(Levitt DE, 2018)。

 

 アルコールが筋力回復を妨げるメカニズムは、近年のリベットらの研究結果から、アルコール摂取によってトレーニング後の筋肉修復プロセスにおける炎症応答で重要な役割をもつサイトカインを産生する白血球の能力を変化させることが起因していると報告されています(Levitt DE, 2017)。



 バーンズら、レベットらの研究はともに過負荷な遠心性トレーニングを行っており、そのまま一般化することはできません。そのため、通常のトレーニングと適量のアルコール摂取であれば問題ないと思われます。しかしながら、経験のない新しいトレーニングに取り組んだときや、いつもよりも負荷量を増やしたとき、オーバートレーニングなど筋肉へのダメージが強いと感じられたときには、過度なアルコールの摂取は控えたほうが良いでしょう。

 

 トレーニング後のアルコールの飲み過ぎは筋力の回復を妨げ、筋肥大の効果を減少させる可能性が示唆されています。美しいものにはトゲがあるように、美味しいお酒にもトゲがあるのです。筋トレ後の飲み過ぎには注意が必要ですね。

 

 

www.awin1.com



◆ 読んでおきたい記事

シリーズ①:筋肉を増やすための栄養摂取のメカニズムを理解しよう

シリーズ②:筋トレの効果を最大にするタンパク質の摂取量を知っておこう

シリーズ③:筋トレの効果を最大にするタンパク質の摂取タイミングを知っておこう

シリーズ④:筋トレの効果を最大にするタンパク質の摂取パターンを知っておこう

シリーズ⑤:筋トレの効果を最大にする就寝前のプロテイン摂取を知っておこう

シリーズ⑥:筋トレの効果を最大にする就寝前のプロテイン摂取の方法論 

シリーズ⑦:筋トレの効果を最大にする運動強度(負荷)について知っておこう

シリーズ⑧:筋トレの効果を最大にする運動強度(負荷)の実践論

シリーズ⑨:筋トレの効果を最大にするセット数について知っておこう 

シリーズ⑩:筋トレの効果を最大にするセット間の休憩時間について知っておこう

シリーズ⑪:筋トレの効果を最大にするトレーニングの頻度について知っておこう

シリーズ⑫:筋トレの効果を最大にするタンパク質の品質について知っておこう

シリーズ⑬:筋トレの効果を最大にするロイシンについて知っておこう

シリーズ⑭:筋トレの効果を最大にするタンパク質の摂取方法まとめ

シリーズ⑮:筋トレの効果を最大にするベータアラニンについて知っておこう

シリーズ⑯:いつまでも若々しい筋肉を維持するためには筋トレだけじゃ不十分?

シリーズ⑰:筋トレの効果を最大にするセット数について知っておこう(2017年7月版) 

シリーズ⑱:筋トレとアルコール摂取の残酷な真実

シリーズ⑲:筋トレの効果を最大にするタンパク質の摂取量を知っておこう(2017年7月版)

シリーズ⑳:長生きの秘訣は筋トレにある

シリーズ㉑:筋トレの最適な負荷量を知っておこう(2017年8月版)

シリーズ㉒:筋トレが不安を解消するエビデンス

シリーズ㉓:筋肉量を維持しながらダイエットする方法論

シリーズ㉔:プロテインの摂取はトレーニング前と後のどちらが効果的?

シリーズ㉕:筋トレの前にストレッチングをしてはいけない理由

シリーズ㉖:筋トレの効果を最大にするウォームアップの方法を知っておこう

シリーズ㉗:筋トレの効果を最大にするセット間の休憩時間を知っておこう(2017年9月版)

シリーズ㉘:BCAAが筋肉痛を回復させるエビデンス

シリーズ㉙:筋トレの効果を最大にするタマゴの正しい食べ方

シリーズ㉚:筋トレが睡眠の質を高める〜世界初のエビデンスが明らかに

シリーズ㉛:筋肉の大きさから筋トレをデザインしよう

シリーズ㉜:HMBが筋トレの効果を高める理由~国際スポーツ栄養学会のガイドラインから最新のエビデンスまで

シリーズ㉝:筋トレの効果を高める最新の3つの考え方〜Schoenfeld氏のインタビューより

シリーズ㉞:筋トレによって脳が変わる〜最新のメカニズムが明らかに

シリーズ㉟:ホエイプロテインは食欲を抑える〜最新のエビデンスを知っておこう

シリーズ㊱:筋トレが病気による死亡率を減少させる幸福な真実

シリーズ㊲:プロテインは腎臓にダメージを与える?〜現代の科学が示すひとつの答え

シリーズ㊳:筋トレとアルコールの残酷な真実(続編)

シリーズ㊴:筋トレの効果を最大にする「関節を動かす範囲」について知っておこう

シリーズ㊵:筋トレが続かない理由〜ハーバード大学が明らかにした答えとは?

シリーズ㊶:筋トレと遺伝の本当の真実〜筋トレの効果は遺伝で決まる?

シリーズ㊷:エビデンスにもとづく筋肥大を最大化するための筋トレ・ガイドライン

シリーズ㊸:筋トレしてすぐの筋肥大は浮腫(むくみ)であるという残念な真実

シリーズ㊹:時間がないときにやるべき筋トレメニューとは〜その科学的根拠があきらかに

シリーズ㊺:筋トレの効果を最大にする新しいトレーニングプログラムの考え方を知っておこう

シリーズ㊻:筋トレは心臓も強くする〜最新のエビデンスが明らかに

シリーズ㊼:プロテインは骨をもろくする?〜最新の研究結果を知っておこう

シリーズ㊽:コーヒーが筋トレのパフォーマンスを高める〜その科学的根拠を知っておこう

シリーズ㊾:睡眠不足は筋トレの効果を低下させる~その科学的根拠を知っておこう

シリーズ㊿:イメージトレーニングが筋トレの効果を高める〜その科学的根拠を知っておこう

シリーズ51:筋トレ後のアルコール摂取が筋力の回復を妨げる?〜最新の研究結果を知っておこう

シリーズ52:筋トレ後のタンパク質の摂取は「24時間」を意識するべき理由 

シリーズ53:筋トレが高血圧を改善させる〜その科学的根拠を知っていこう

シリーズ54:ケガなどで筋トレできないときほどタンパク質を摂取するべきか?

シリーズ55:筋トレは脳卒中の発症リスクを高めるのか?〜筋トレによるリスクを知っておこう

シリーズ56:筋トレを続ける技術〜意志力をマネジメントしよう

シリーズ57:筋トレ後にプロテインを飲んですぐに仰向けに寝てはいけない理由

シリーズ58:筋トレは朝やるべきか、夕方やるべきか問題

シリーズ59:筋トレの効果を最大にする食品やプロテインの選ぶポイントを知っておこう

シリーズ60:ベンチプレスをするなら大胸筋損傷について知っておこう

シリーズ61:筋トレの効果を最大にするタンパク質の摂取パターンを知っておこう(2018年4月版)

シリーズ62:筋トレ後のタンパク質摂取に炭水化物(糖質)は必要ない?

シリーズ63:ホエイ・プロテインと筋トレ、ダイエット、健康についての最新のエビデンスまとめ

シリーズ64:筋トレの効果を最大にする「牛乳」の選び方を知っておこう

シリーズ65:そもそもプロテインの摂取は筋トレの効果を高めるのか?

シリーズ66:筋力を簡単にアップさせる方法~筋力と神経の関係を知っておこう

シリーズ67:筋力増強と筋肥大の効果を最大にするトレーニング強度の最新エビデンス

シリーズ68:筋トレは疲労困憊まで追い込むべきか?〜最新のエビデンスを知っていこう

シリーズ69:筋トレで疲労困憊まで追い込んではいけない理由(筋力増強編)

シリーズ70:筋トレで筋肥大の効果を最大にする「運動のスピード」を知っておこう

シリーズ71:筋トレで筋力増強の効果を最大にする「運動のスピード」を知っておこう

シリーズ72:ネガティブトレーニングは筋肥大に効果的なのか?〜最新エビデンスを知っておこう

シリーズ73:筋トレを続ける技術〜お金をもらえれば筋トレは継続できる?

シリーズ74:プロテインは腎臓にダメージを与える?〜ハーバード大学の見解と最新エビデンス

シリーズ75:筋トレによる筋肥大の効果は強度、回数、セット数を合わせた総負荷量によって決まる

 

 

References

Duplanty AA, et al. Effect of Acute Alcohol Ingestion on Resistance Exercise-Induced mTORC1 Signaling in Human Muscle. J Strength Cond Res. 2017 Jan;31(1):54-61.

Barnes MJ, et al. Acute alcohol consumption aggravates the decline in muscle performance following strenuous eccentric exercise. J Sci Med Sport. 2010 Jan;13(1):189-93.

Barnes MJ, et al. A low dose of alcohol does not impact skeletal muscle performance after exercise-induced muscle damage. Eur J Appl Physiol. 2011 Apr;111(4):725-9.

Levitt DE, et al. Alcohol after Resistance Exercise Does not Affect Muscle Power Recovery. J Strength Cond Res. 2018 Jan 29.

Levitt DE, et al. Effect of alcohol after muscle-damaging resistance exercise on muscular performance recovery and inflammatory capacity in women. Eur J Appl Physiol. 2017 Jun;117(6):1195-1206.