読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハビリmemo

大学病院勤務、大学院リハビリテーション学所属の理学療法士による、研究と臨床をつなげるための記録

ストレッチのウソ?ホント? ~まとめ~

ストレッチの科学シリーズも11回を終え、今回で一旦終了することにしました。残念ながら、人の身体は加齢に伴い柔軟性を失っていきます。ストレッチを効果的に行い、加齢に負けない体づくりをしていきたいですよね。そこで、ストレッチに関する正しい情報を…

ストレッチにダイエットの効果はありません

「ストレッチはダイエットに有効である!」というのは本当でしょうか? 僕が調べた範囲では、ストレッチとダイエットの関係について研究した報告は見当たりませんでした。なので、いくつかの知見をもとに、ストレッチがダイエットに寄与する可能性について論…

ストレッチのメカニズム その2

前回は、ストレッチのメカニズムを筋の粘弾性の側面から考察しました。粘弾性の特性を考慮すると、効果的にストレッチするにはじっくり伸ばさなくてはいけないこと、粘弾性の低下がストレッチによるパフォーマンスの低下の要因になりうること、ストレッチの…

ストレッチのメカニズム その1

だいぶ夜も冷えて、秋の到来を予感させますね。季節の変わり目なので体調を崩さないように気をつけていきましょう。 さて、ストレッチのメカニズムについて考察してみます。ストレッチのメカニズムを知ることで、以下の疑問について理解できると思います。 …

ストレッチの効果はどのくらい持続するのか?〜習慣的な効果〜

だいぶ夜も涼しくなって過ごしやすくなってきましたね。 前回は、ストレッチの効果の持続性について、即時的な効果に関する研究結果から考察してみました。その結果、ストレッチする筋によって効果の持続性がことなること、代表的なハムストリングスでは5分…

ストレッチの効果はどのくらい持続するのか?~即時効果編~

ストレッチングの効果はどのくらい持続するのでしょうか?また、筋肉によって持続時間は異なるのでしょうか? ストレッチングの効果は、即時的な効果と習慣的な効果に分けられます。即時的な効果とは、ストレッチング後すぐの効果のことを言い、習慣的な効果…

ストレッチは高齢者の歩行能力を高める

加齢に伴う身体の衰えからは逃れられませんが、予防、改善することは可能です。今回は、ストレッチが加齢によって低下した歩く能力を改善させる効果について考察してみましょう。 ◆ 加齢とともに歩く速度は低下する 歩く速度というものは人によって異なりま…

ストレッチはいつするのが効果的?

ストレッチはいつ行うのが効果的ですか? 朝起きたとき?それとも湯上りですか? このような質問を受けることが多いです。結論を言ってしまえば、湯上りのストレッチが一番、効果的です。このことについては、多くのネットメディアや個人ブログで言われてい…

ストレッチは毎日続けなくてもいいんです

「継続は力なり」 確かにその通りですが、人はそこまで強くありません。やらないといけない…と思いながらも…明日でいいや!と思うものです。もし、「週に数回のストレッチでも毎日のストレッチと同じ効果がある」ということを知ったら、少しはやってみようか…

効率的で効果的なストレッチの時間と回数

ストレッチはどのくらいの時間、回数を行えば効果的なのでしょうか? ストレッチは美容や健康にとても効果的です。しかし、忙しい生活の中、ストレッチにかける時間もそんなに多くはとれないですよね。とは言うものの、ストレッチ時間が少なすぎて効果がない…

ストレッチでパフォーマンスを低下させない方法

今回のエントリは、『ストレッチはパフォーマンスを低下させる(前編)』の後編になります。 ストレッチとパフォーマンスの関係については、2010年までに報告された3つのシステマティックレビュー、欧州スポーツ医学会、米国スポーツ医学会からのステートメ…

ストレッチはパフォーマンスを低下させる(前編)

「運動前のストレッチはパフォーマンスを低下させるのか?」というテーマは、かれこれ15年前から議論されており、関連する論文の数は、優に100を超えています。しかしながら、日本のスポーツ現場では、特段の疑問もなく運動前のストレッチが恒常的に行われて…