リハビリmemo

大学病院勤務・大学院リハビリテーション学所属の理学療法士・トレーナーによる「最新の研究をトレーニングにつなげるための記録」

ただ自転車を漕ぐだけではダメな根拠

スポンサーリンク

 

reference)

Interlimb influences on paretic leg function in poststroke hemiparesis.

Journal of neurophysiology, 2005

 自転車トレーニングが麻痺側下肢の筋活動パターンに与える影響について調査した報告(実験的研究;前後比較試験)。

 
対象は、脳卒中患者21名、健常者11名(コントロール群)。
 
被験者は、それぞれ下記の動作課題を行い、課題中の筋活動パターン(大腿直筋、内側小広筋、大腿二頭筋長頭、半膜様筋)を筋電図にてサンプリングし、コントロール群と比較した。
①固定したクランク上での等尺性運動
②左右別々に動くクランクでの自転車運動
③通常の自転車運動
 
その結果、①固定したクランク、②左右別々に動くクランクの課題では、コントロール群と有意な差は見られなかった。しかしながら、③通常の自転車運動では、麻痺側下肢の筋活動パターンの増悪が認められた。
 
脳卒中後の自転車運動においてもinterlimb coordinationは生じるが、麻痺側下肢の筋活動パターンを悪化させるリスクが示唆され、対応の必要性がある。
とのこと。

f:id:takumasa39:20120505154351p:plain

このような報告をもとに、その後、有効な自転車トレーニングを行うためのクランク位置(前回ブログ)やスピード付加、筋電図などを用いたvisual feedbackの検討が試されている。
 
この報告は、7年前(2005年)に行われているが、果たしてセラピストは認識しているだろうか?ただ自転車を漕ぐだけではダメな理由がここにある。
 
 

脳卒中リハビリシリーズ

脳卒中リハビリ①:バランス感覚には、足底感覚へのアプローチ! 

脳卒中リハビリ②:自転車トレーニングでは、速度一定でお願いします。

脳卒中リハビリ③:脳卒中早期からFES自転車運動で体幹機能を高めよう!

脳卒中リハビリ④:FES自転車運動は姿勢制御に効果的

脳卒中リハビリ⑤:自転車トレーニングは、ただ漕いでるだけじゃダメ。

脳卒中リハビリ⑥:自転車で突っ張る筋肉をほぐせるかも。

脳卒中リハビリ⑦:歩行スピードを高めたいなら、足関節背屈筋力を高めよう。

脳卒中リハビリ⑧:歩行距離をのばすには、やっぱり足関節背屈筋力?

脳卒中リハビリ⑨:上手に歩くためには、エンジンとブレーキ、どっちが大事?

脳卒中リハビリ⑩:歩行立脚期の機能改善には、この装具で。

脳卒中リハビリ⑪:遊脚期の足関節背屈を増強させる新しいトレーニング

脳卒中リハビリ⑫:視覚的フィードバックで知らないうちに歩行が変わる?

脳卒中リハビリ⑬:フィードバック療法で麻痺側の足を使えるようにしよう。

脳卒中リハビリ⑭:非麻痺側下肢も見逃すな。

脳卒中リハビリ⑮:ただ自転車を漕ぐだけではダメな根拠

脳卒中リハビリ⑯:片麻痺にもインソールは有効。

脳卒中リハビリ⑰:中殿筋への機能的電気刺激療法は、歩行の対称性を改善させます

脳卒中リハビリ⑱:効果的な立ち上がり練習の方法

脳卒中リハビリ⑲:立ち上がり動作と荷重感覚

脳卒中リハビリ⑳:筋力トレーニングだけでは効果なし

 

「説明がわからない」「これが知りたい」などのご意見はTwitterまでご気軽にご連絡ください。